2012年05月16日

不眠症の症状

私が不眠症を克服できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)

今回は私が経験した不眠症の症状についてお話します。

不眠症の症状は、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害があります。

まず、入眠障害とは、寝床に入ってもずっと眠れないことです。

かつて私は、眠れないで朝がきてしまう状態が毎日が続いて、イライラしてしまい、隣で寝ている夫を起こして「眠れないよぉ。」と叫んだ辛い経験もありましたね。雨

この入眠障害は、「明日は会議」とか、「明日はデート」など、翌日にイベントがあり、神経が高ぶって、眠れなくなる状態とは違います。

ちなみに、当然ながら、不眠症でない場合は、イベントが終わればすぐ眠れるようになりますよね。

続いて、中途覚醒とは真夜中に突然目が覚めてしまい、そのまま朝をむかえてしまう状態をいいます。

私の場合も、真夜中に突然目が覚める事が多く、「せっかく眠れたのに、また目が覚めてしまった。」とますますイライラがつのっていきました。雷

ちなみに、目覚めてしまっても、すぐ眠れる場合は中途覚醒とはいえません。

続いて、早朝覚醒とは夜明け前に目覚めてしまう状態をいいます。

みなさん、「朝早く起きるのは健康にいいよね?何で不眠症の症状なの?」って思われるかもしれないですが、私の経験から言うと、悪夢を見てうなされて起きた感覚で、朝の目覚めがとても悪いのです。

これは、本人はとても辛いのですよ。

最後は、熟睡障害ですが、簡単に言うと睡眠の質が悪いことです。

一般的に睡眠は、身体の疲れをとるものですよね。

ただ、私の場合は、10時間ぐらい眠っても、身体の疲れはとれないでいつもぐったりしていました。

この不眠症の症状は、個人差がありますが、症状のどれかひとつでもあって日々の生活で身体が疲れる、イライラするなどの生活を送るのに、苦痛を感じて、2週間たっても治らなかったら、病院へ相談にいくべきですね。

私が不眠症を克服できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 不眠症克服ゆきこ at 13:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

睡眠薬11錠からの脱出体験

私が不眠症を克服できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)

私は、現在、45歳の主婦です。本

今でこそだいぶ眠れるようになりましたが、30代の頃にしたアルバイトがきっかけで、不眠症になりました。

仕事先で働いていた先輩と折り合いが合わず、陰湿なイジメを受けていたんですよね。

最初は、耐えていたのですが、その内ちょっとしたことでもイライラし出して・・・。

毎日眠れない日が続き、毎晩アルコールに頼る日々を送り出しました。

それでも最初はアルコールを飲めば寝れていたのですが、次第に、お酒を飲んでも眠れなくなってきたのです。

このままでは、体がボロボロになってしまう。

病院嫌いの私ですが、さすがにこれはマズいと思い、諦めて病院にかかりました。

しかし、病院でどんな治療法を教えてくれるのかと思ったら、睡眠薬5錠と精神安定剤6錠を出してもらっただけ。

それでも、これで不眠症は治るんだ!と医者を信じて飲み続けていました。

すると、ある日突然、薬を飲んだ後の記憶がなくなり、フラフラと自宅近くのコンビニに行き、弁当を買って食べてしまう怖い副作用が表れたのです!

改めて病院に行くと、医者からは、「あなたに、出す睡眠薬と精神安定剤はありません。」との言葉が。

お医者を信じて薬を飲んでいたのに、私はどうなってしまうのだろう。

医者に頼れないなら、自分で眠れるようになる方法を考えるしかない!

そう思い、それから不眠症との本当の戦いが始まったのです。

そんな時期を経つつも、現在は、マイスリー(軽い不眠症の人が飲む睡眠薬)1錠でぐっすり眠れるようになっています。

医者は、「薬なしで、眠る方法」を教えてはくれません。

ここでは、私が試した眠れるようになる方法を書いていきます。

体を壊す前に、正しい不眠症対策を学んでもらいたいと思います。

私が不眠症を克服できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 不眠症克服ゆきこ at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

不眠とは

私が不眠症を克服できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)

「不眠」とはどういう状態をさすのでしょうか。次項有

一般的に不眠とはよく眠れない、正常時より睡眠時間が短いなどで、身体的、精神的になんらかの影響を及ぼす状態の事をいいます。がく〜(落胆した顔)

よく眠れない、そして、身体が、精神が自分のおもい通りいかない。

辛い事です。ふらふら

そして、私もそうでした。もうやだ〜(悲しい顔)

不眠には症状によって3つの種類に分けられます。

精神的な理由や、環境変化、心配事で眠れなくなる「一過性不眠」

数週間持続的に眠れなくなる「短期不眠」

そして、一ヶ月以上眠れなくなる「長期不眠」です。

現代社会はストレス社会と言われています。ストレス、人間関係などにより夜、眠れなくなることもあるでしょう。右斜め下

日本人は約2割の人が何だかの不眠症状を訴えてると言われています。バッド(下向き矢印)

さて、「不眠」と似た言葉で「不眠症」という言葉があります。

「不眠」「不眠症」にはそれぞれ定義があって違うのです。モバQ

ここではその2つの言葉の定義もご紹介しましょう。

「不眠症」には国際定義があって以下の3つを全て満たしているものを指します。左斜め上

*「入眠障害」「中途覚醒」「熟眠障害」「早朝覚醒」いずれかがあること

*不眠の訴えが週2日以上でかつ一ヶ月以上持続していること

*自らが苦痛を感じているか、社会生活または職業的能力が妨げられていること

これに対して3つの条件を満たさないことを「不眠」と呼ばれているんです。

ただ一ヶ月以上眠れない日が続いた場合は自分で解決しようとせずに、お医者さんに相談された方がいいですね。病院

私が不眠症を克服できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 不眠症克服ゆきこ at 14:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。