不眠症の症状

2012年05月16日

不眠症の症状

私が不眠症を克服できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)

今回は私が経験した不眠症の症状についてお話します。

不眠症の症状は、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害があります。

まず、入眠障害とは、寝床に入ってもずっと眠れないことです。

かつて私は、眠れないで朝がきてしまう状態が毎日が続いて、イライラしてしまい、隣で寝ている夫を起こして「眠れないよぉ。」と叫んだ辛い経験もありましたね。雨

この入眠障害は、「明日は会議」とか、「明日はデート」など、翌日にイベントがあり、神経が高ぶって、眠れなくなる状態とは違います。

ちなみに、当然ながら、不眠症でない場合は、イベントが終わればすぐ眠れるようになりますよね。

続いて、中途覚醒とは真夜中に突然目が覚めてしまい、そのまま朝をむかえてしまう状態をいいます。

私の場合も、真夜中に突然目が覚める事が多く、「せっかく眠れたのに、また目が覚めてしまった。」とますますイライラがつのっていきました。雷

ちなみに、目覚めてしまっても、すぐ眠れる場合は中途覚醒とはいえません。

続いて、早朝覚醒とは夜明け前に目覚めてしまう状態をいいます。

みなさん、「朝早く起きるのは健康にいいよね?何で不眠症の症状なの?」って思われるかもしれないですが、私の経験から言うと、悪夢を見てうなされて起きた感覚で、朝の目覚めがとても悪いのです。

これは、本人はとても辛いのですよ。

最後は、熟睡障害ですが、簡単に言うと睡眠の質が悪いことです。

一般的に睡眠は、身体の疲れをとるものですよね。

ただ、私の場合は、10時間ぐらい眠っても、身体の疲れはとれないでいつもぐったりしていました。

この不眠症の症状は、個人差がありますが、症状のどれかひとつでもあって日々の生活で身体が疲れる、イライラするなどの生活を送るのに、苦痛を感じて、2週間たっても治らなかったら、病院へ相談にいくべきですね。

私が不眠症を克服できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 不眠症克服ゆきこ at 13:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三月に入ってから全く眠れなくなりました。それ以前は昼寝もするし夜も寝るし全く不眠ではなかったのですが、今は昼眠くても昼寝もできなくなりました。眠たいのに眠れないんです非常に辛いです。夜も強い睡眠薬じゃないと寝れません。夜全く眠れなくても昼も寝ることができないのが辛い。私以外に昼も夜も全く眠れなくなった人いらっしゃいましか?
Posted by みにこ at 2012年05月26日 16:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。