不眠症になると困ること〜症状について

2012年02月19日

不眠症になると困ること〜症状について

私が不眠症を克服できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)


不眠症と聞いて、まず浮かぶのは「眠れない」という事でしょう。

漢字の通りですよねわーい(嬉しい顔)

しかし、単純に「眠れない」ことだけが不眠症の症状ではありません。

実は、「眠りが浅くて寝た気がしない」「朝早く起きてしまう」「夜中何度も起きる」なども、不眠症の症状の一つです。

でも、これらは、不眠症ではない人にも普通に起きうることなのです。

じゃぁ、何が不眠症なの?

と思うかもしれませんね。

私が診てもらったお医者さんには、「繰り返してほぼ毎日その症状が続いて、生活に支障が出る事」と言われました。

当たり前ですが、生活に支障が出なかったらいくら眠れなくても問題はないのです。

逆に、寝れているように思えても、睡眠に関することで生活に支障がでたら、それは睡眠障害です雨

睡眠がうまく機能しなくなると精神的にも参ってきますよね。

当然、体も疲れます。

そうした心身の疲れが、更に「眠れない」原因になっているそうです。

不眠症の人には、そういう悪循環が起きています。

じゃぁ、どうやったら改善できるのか?

それは、悪循環を断ち切ることが第一でしょう。

そのためには、まず、「どんな症状が出ているのか」「自分は本当に睡眠障害なのか」「日常生活のどんなことに支障が出ているのか」を書き出してみましょう。

私が不眠症を克服できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 不眠症克服ゆきこ at 07:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。