不眠と食べ物

2011年11月14日

不眠と食べ物

私が不眠症を克服し、安眠できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)

食べ物の中には不眠症になりやすい食べ物が存在します。

特に「カフェイン」を多く含む物は不眠症の原因となります。

カフェインを多く含む食べ物で有名なのがチョコレート。

他にも食べ物ではありませんが、紅茶や抹茶などのお茶系や、コーラやコーヒーなどの飲み物はカフェインを多く含んでおり、不眠症の原因となります。

私はカフェインの影響をあまり気にしていませんでしたが、日頃から紅茶やコーヒーをよく飲んでおり、これらが不眠症の原因となった可能性もありますねたらーっ(汗)

不眠症の方はカフェインを口に含まないのがベストですが、どうしても口にしたい場合は、最低でも寝る前の五時間前までにして下さい。

五時間前まであれば、大抵は寝る時にカフェインの効果は消えています。

また、食べ物の中には逆に不眠症対策になる食べ物も存在しますひらめき

主に不眠症対策に繋がる成分は「必須アミノ酸」と「ビタミンB郡」の二つ。

必須アミノ酸は睡眠を促すホルモンの材料となるセロトニンを作るのに必要であり、ビタミンB郡も必須アミノ酸と同様セロトニンを作るのに欠かせない成分です。

これら二つの成分が含まれる代表的な食べ物は、レバーに納豆などの豆類、鶏肉やマグロなどの魚介類であり、これらは全て不眠症対策に繋がる食べ物です。

特にレバーは豊富な成分を含んでいますので、特別レバーが嫌いという方を除いて、不眠症で悩まれている方は積極的に食べるようにして下さい。

私も不眠症の時にレバーに納豆、豆腐や鶏肉などをとにかく食べてるようにしていましたが、結果的に不眠症は良くなったので、効果はかなり感じています。

このような食事による不眠症対策は気軽にできるものですので、不眠症の方は今日からでも早速試して、一日も早い不眠症解消を目指すようにしましょう。

私が不眠症を克服し、安眠できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 不眠症克服ゆきこ at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。