睡眠薬とアルコール

2011年10月28日

睡眠薬とアルコール

私が不眠症を克服し、安眠できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)

薬とアルコールの組み合わせは危険だと言われていますが、それは当然睡眠薬にも同じことが言えます。

それでは実際に睡眠薬とアルコールを同時に摂取したらどうなるのかということです。

これはどういう睡眠薬を飲むのかにもよりますが、私が体験したのは睡眠薬の効果が異常に長続きするというものでした。がく〜(落胆した顔)

そもそも何でそんなことをしたのかということですが、若かった時の無鉄砲さが原因としか言いようがありませんね…。

もうかなり前のことになりますが、なかなか眠ることができず睡眠薬を飲んだのですが、それでもギリギリのところで眠れずにいました。バッド(下向き矢印)

このままだとどうしようもないということで何か方法を探して思いついたのが、酒を飲むことだったのです。ひらめき

元々飲んでいる睡眠薬はそれほど強いものではないので、ちょっとくらいなら大丈夫だろうと思ったのがいけなかったんでしょうね。

睡眠薬は弱くても飲んだ酒がバーボンのストレートだったので、一気に効果が出た眠い(睡眠)記憶があります。

その日はそのまま眠ることができ、翌日も目覚まし時計の力で起きることができたのですが、問題はそこからでした。

その時は5時間くらいは寝たと思いますが、起きてからも眠気がずっと続いたのです。

頑張れば生活に支障が出ないレベルで動けるものの、もうそれがつらいのなんの。もうやだ〜(悲しい顔)

徹夜明けともまた違った感じの眠さが続き、何とか一日を終えることができました。

このことから、もう二度とこんなことはするまいと思いましたね。

そもそも睡眠薬とアルコールの組み合わせは良くないということは知っていたのですが、ちょっとくらいなら大丈夫と思ってしまったのが原因です。

慣れてきて甘く考えてしまったのが原因かもしれませんが、あれだけ面倒くさいことになったので二度とすることはないと思います。たらーっ(汗)

あれなら、眠らないで徹夜したまま次の日に突入した方が良いのですから。

睡眠薬を飲むだけではなく眠りやすい状態を作る努力をすれば、あんな経験をしなくても済んだと思います。

今ではそれを心がけているので、最後の手段に薬を飲むくらいで済むようになりました。

睡眠薬とアルコールの組み合わせは面倒くさいことになるので、絶対にやめましょう。パンチ

私が不眠症を克服し、安眠できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 不眠症克服ゆきこ at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。