眠れない原因

2011年10月27日

眠れない原因

私が不眠症を克服し、安眠できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)

夜になってもなかなか眠れない人は、自分がなぜ眠れないのかを自覚しなければいけません。

眠れない原因が分からなければ、どう対処して良いのかが分からないからです。

とりあえず睡眠薬があれば眠れるから大丈夫と思っていても、睡眠薬は長期間飲んだら問題が起きるものや効きにくくなるものもあるので安心できません。

私も眠れない日々が続いた時に色々と考えてみたら、頭が興奮状態にあることと軽い鬱が原因でした。

そしてこれが分かってしまえば、後はそれに対する対処をしていくだけで、かなり眠れる眠い(睡眠)ようになったのです。わーい(嬉しい顔)

具体的には、寝る準備を早くすることと、自分がストレスと感じることをなるべく避けることですね。

ただしこれで完璧というわけにはいかず、今でも睡眠薬に頼る時はたまにあります…。たらーっ(汗)

眠れない原因としてよくあるのは、先ほど私が書いたとおりのものです。

他にも代表的なものとして、カフェイン、眠りすぎ、寝酒などがありますが、この他にもあまり知られていない原因を以下にまとめておきます。

・睡眠時無呼吸症候群

これは激しいいびきをかき、いびきが無呼吸で中断されるものです。

40〜50代の男性に多く肥満の人もなりやすいもので、睡眠が浅くなります。

・睡眠相後退症候群

これは、睡眠のリズムが慢性的にずれてしまうというもの。

そのため起きたいときに起きられず、眠りたいときに眠れないという問題が起きます。

これら2つは私にとって無縁のものですが、睡眠時無呼吸症候群は友人が、睡眠相後退症候群は父がわずらっています。

私は太っているわけではありませんが、いびきが凄いらしいので睡眠時無呼吸症候群に将来なるのではないかと不安なことがあります。がく〜(落胆した顔)

調べてみたところCPAPという機械使って鼻から空気を送る方法や、マウスピースを着けて眠ることで改善できるようです。

改善は可能ということですが、異物感で快適な睡眠が難しそうな気がします。

予防法としてアルコールを控えるといものがあるようですが、元々それほど飲んでいません。

そうなると他に具体的な方法がないので、そうならないように祈るのみというのがつらいところです。

元々心配性な性格なので、このストレスが原因で不眠をぶりかえしそうです。あせあせ(飛び散る汗)

どちらにしても今はどうにもできないので、新たに眠れない原因を抱え込むことにならないためにも、考えすぎることがないようにしていこうと思います。ダッシュ(走り出すさま)

私が不眠症を克服し、安眠できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 不眠症克服ゆきこ at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。