かくれ不眠

2011年10月16日

かくれ不眠

私が不眠症を克服し、安眠できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)

自分が不眠症であると自覚しているなら、どうすれば良いのかは分かります。

しかし自分が不眠であると自覚できていない、かくれ不眠の人はたくさんいますexclamation×2

自分では眠れているつもりでも、身体に疲れが残っている

たまに眠れない時がある。

毎日ではなくても時々こういう症状があるなら、かくれ不眠かもしれません。

私も、かくれ不眠と呼べる時期がありました。ふらふら

これは症状が出たての頃で、自分が不眠のはずがないという、まるで根拠のない自信が原因だったと思います。バッド(下向き矢印)

かくれ不眠は、すぐに対処しなければいけないというものではありません。

しかし、そのままにしていれば遠からず悪影響が出てくるものです。

塵も積もれば山となる」という言葉もあるように、少しずつ積み重ねられていく不眠を甘く見てしまってはいけません。

私がかくれ不眠状態だった時は、妙に疲れやすくなっていたということや、風邪をひきやすくなっていたということがありました。

今考えると、もっと上手いやり方があったのにと思えるくらい反省しています。ふらふら

もしかしたらと思い当たることがあるなら、なぜなのかと疑ってみてください。

自分の睡眠に対して向き合って、異常を感じたら治していくようにしましょう。パンチ

不眠をどうにかしていくのかではなく、まず不眠であるかに気づかなければ何もはじまりません。

ちなみに余談ですが、私はかくれ不眠を不眠と自覚し、それが落ち着いてしばらくしてから不眠症になりました。

なかなか面倒くさい流れですが、こういうことも起こりえるので不眠かどうかのチェックは大事なのです。

私が不眠症を克服し、安眠できた本当の方法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 不眠症克服ゆきこ at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。